令和元年度 府民対象公開講座 2019.8.29

     今回の公開講座は、「ご本人の望む生活=家族支援+家族支援」というタイトルで家族支援をテーマに取り上げました。鳴門教育大学の小倉正義先生に「家族支援を再考する」と題した講演と大阪府ペアレント・メンター運営委員より発達障がいの子どもを育てられた体験談をお話しいただきました。
     参加者のアンケートでは、「自己選択していくことの大切さ」や「周囲が必要と考える支援と本人の望む支援が一致しないこともあるため、改めて本人ニーズを確認していくことの重要性が理解できた」など意見がありました。講演会全体を通じて、家族支援を含めて地域で考えていくことが、ご本人支援にもつながっていくことが確認できました。
     多くの方に参加していただきありがとうございました。